koganmomo’s blog

文字数で収まらなかったもの

DreamLive2017

 

観に行った舞台があまりに少なくて、この中から上半期ベストを決めるのは無理だと思ったので、ドリライ2017の思い出を書こうと思います。

 

 

 

 

2ndでは二度目、9代目青学になってから初めてのドリライ横浜アリーナでした。

今回は六角の女として行きました。

面食いなので佐伯が好きなのですが、本公演の時は客降りもお見送りも縁がなくドリライで近くを通ったらいいな、と下心を持ちつつ向かいました。

 

3rdの六角はがたいがよくて強そう(物理)な見た目でわちゃわちゃやってくれるので、「かわいい」と「楽しい」が共存していてとても好きです。

ドリライでも、幕前のダチョウネタではしゃいでいる姿はかわいかった。中学生っぽい。シャバダビ、女の子とハグ、アクロバット&ジーニアスと公演曲はすべてセトリに入っていたので悔いはないです。特にハグハグでキンブレ振れたのは満足。あの合いの手とサビのキュートダンスにはしゃげたのは嬉しかった。ずっとドリライでやってくれ~と思っていたので。

後半に出島で海の家コントもかわいかった。目を閉じている剣太郎の顔がきれいで人工呼吸の組み合わせによって絵面が西洋画みたいになっていました。すねたのにサエさんにビーチバレーしようと言われて機嫌が直る剣太郎、ピュア。

おじいのフィギュアと言いつつも人工呼吸の時はおじい本人になる人形が謎でした。おじいの概念。公演後、おじいの人形をもらって帰ったさとゆごさんの運び方が猛者でしたね。

あと初日、ビーチボールで大玉ころがしが起きていて「わしにくれ~」と思いながら見てたけど全然来ませんでした。欲をかくのはよくない。

 

ドリライ2016で誕生した副部長sのコーナーが今回もあり、六角からサエさん、氷帝から滝さんが参加しましたが新顔の二人がまあ麗しい麗しい。大石と東方でなくても普通の人なら近づけないくらい華やかでキレイな顔は最高。光背を浴びて登場するサエさんめっちゃ面白かったです。佐伯という男を象徴している。

 

ところで冒頭にあげたサエさんが近く通ったらいいな~という下心ですが、センターステージに来た時にどちゃめちゃ目線くれて、しかも一瞬とかではなくなんかもう2フレーズくらい目線くれて、隣と背後が推し校被りしていたのもあったかもしれないけどとにかく目線をくれて、あまりにも目線くれるのでそろそろ次の子いってくれ~と思うほど目線くれて、でも全然反らさないから反らしたら負け!全力で胸の前でキンブレを振って応えたろ!とか考えるくらい時間があるくらい目線くれて、2フレーズとかいったけどなんの曲だったのか未だに思い出せないくらい目線くれました。下心成就。

本公演中の感情は「サエさんかっこいい~」でしたが、それ以降は「サエさん好き…」という感情しかなかったです。サエさん好き…。

 

ツイッター上によく「あの佐伯は『お前を落とす』という目をしている」と書かれたツイートを見る度「わかるwww」と笑っていたのであっさり落ちました。

 

ドリライで六角と佐伯がさらに好きになったので立海公演が楽しみです。

 

 

六角以外で印象に残っているのは跡部のシャワーシーンとその後ガウンを着てシャボン玉を飛ばしながらゴンドラに乗る跡部ととあるダンススタジオでバレエを踊る跡部です。あれはなんだったんだ。

ALL FOR TENNISを9代目が歌ってくれたのも良かったです。8代目の時の曲を9代目が歌うことでキャストと観客に刷り込みをしていくように感じました。ドリライは本公演と比べると圧倒的に短いけれど今回のドリライで本公演に近いほどの9代目らしい青学を築けたように思えました。

あとFGKSのサビで手慣れた動作でキンブレを振る人を見た時は1stからの先輩だ!と嬉しくなりました。

 

 

俺もおまえもテニスの虜。立海公演が楽しみです。